日本人が経営する人気レンタカー会社

このレンタカー会社ではタイ国内の観光、ゴルフ送迎、巨大魚が釣れる釣堀へのご案内、カリプソやタイガーズーなど、各種観光地のチケット販売。そしてタ・スワナプーム空港VIPファーストトラックや、空港からホテルへの単純送迎など、タイ入国から出国まで一貫したレンタカーのご利用もカバーしています。

ー 以下、オフィシャルサイトより抜粋 ー

タイ・バンコクのレンタカー会社、都レンタカーが特に力を入れているのがお車の長期契約です。元々価格が安い為、デイリーのご利用でも価格を抑えることができますが、マンスリー契約では更に割引をしておりますので、コスト削減のお手伝いができると思っております。

そして運転手と車を固定することで、ドライバーとの呼吸も合い、行先の無駄な説明をする事も極力減ります為、スムーズに移動ができるとお客様に大変喜んでいただいております。

2018年のロイクラトンは11月22日

2018年のロイクラトン、陰暦の12月の満月の夜に開催される、タイを代表する伝統的なお祭り。
そんなに強烈な思い出はないのですが、、、タイに乾期を告げるお祭でもありますね、観光ハイシーズンの到来です。
チェンマイではイーペン祭りとして11月21日からスタート、美男美女コンテストやコンサートなど各種イベント行われますが、チェンマイでイーペンといえば灯籠流しだけでなくコムロイ、熱気球が有名。
しかしこれは火事の誘発や航空機への影響など危険性が高く毎年規制が厳しくなり、今年は許可なくコムロイを上げると「3年以下の禁固刑」か「6万バーツの罰金」、もしくはその両方が課せられるとアナウンスされています。
チェンマイのメージョーで数百のコムロイを一斉に上げる「イーペンサンサーイ(ランナーインターナショナル)」は無くなった? まだやってるようですね。
元々、新興宗教団体によるイベントに過ぎなく、かなり特定の「色」を持ったイベントですからね。

ロイクラトンに合わせてタイ観光に向かった方はどれくらいいるのでしょうか?
円安には変わらない日々です。

11月21日(水)9時 為替レート(バンコク銀行)
10,000円=2,866バーツ
(US100ドル=3,258バーツ)

タイの運転免許証を再取得した備忘録2018(必要書類と講習の流れ)

ここ最近、何かと忙しい生活を送っているタイ在住の放浪わらしべです♪そんなハードスケジュールの中でも日々のジョギングや筋トレは1日もサボらず頑張っていま~す。┗(`・∀・´)┛=3ムキムキ   さて、今回はタイの...

タイの運転免許証を再取得した備忘録2018(必要書類と講習の流れ)はブログ、バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪に掲載された記事です。

ムエタイのチャリティー試合で13歳少年が死亡

11月10日、ムエタイのチャリティー試合に出場した13歳の選手が頭を連打されて倒れ、その後脳内出血で死亡というニュースが論争を巻き起こしています。
試合をプライベートで撮影したビデオも放送され、その事故の模様も生々しく。
もともと子どもの試合には疑問視する声が多く、政権はすぐ動き12歳未満の試合出場を禁止する法案を提出する意向とのことです。
これに対しボクシング組織は「あまりに性急過ぎる。ムエタイは貧しい人々にとって富と名声を得るための手段でもあり単なるスポーツでは…」という論調を展開しています。
タイのボクシング世界チャンピオンクラスは皆12歳前からリングに上がっているようです。タイのテレビでは13歳のムエタイ女子選手が試合にのぞみ家族の生活を支える、みたいな物語も紹介されていましたが。
せめてヘッドギアぐらいしても良い気がしますが、難しい事は分からないですね…。
皆さんはどう思われますか?

13歳のムエタイ選手、頭を連打され死亡 子どもの試合禁止求める声

続きを読む

タイ、医療用大麻合法化へと進む

医療用大麻の使用は、カナダや豪州、イスラエルなどの国々や、米国の半分以上の州で容認されている。
しかし、アジアではタイが実現すれば初めての国となる…

タイでは夜のトップニュース扱いでしたが、どうやらアジア、世界規模で注目されているようです。
何やらざわめき立つ人が多そうな事案で。あくまでも医療用大麻
そこのところをすっ飛ばすと、人生計算間違えますので。

タイ政府が医療用大麻の合法化に本格的に乗り出そうとしている。当局関係者が31日、AFPに明らかにした。タイの大麻は世界有数の質だと大麻容認派から称賛されており、政府は数十億ドル規模の市場への参入を目指す

タイ、医療用大麻の合法化へ前進 実現すればアジア初:時事ドットコム

続きを読む

海外ジムで外国人と筋トレ会話する時に使える英単語まとめ

最近は海外移住する若者が増えて来たような感じがします。   で、今では昔と違いネットで検索すれば海外であろうと日本語であらゆる現地情報を簡単に収集する事ができる便利な世の中になりました。   いや~マ...

海外ジムで外国人と筋トレ会話する時に使える英単語まとめはブログ、バンコクでのタイ語留学奮闘記!?頑張れ日本人代表♪に掲載された記事です。

英プレミアリーグレスター会長ウィチャイ氏、ヘリ墜落事故で死亡

10月27日、1-1の引き分けに終わったウェスト・ハム戦直後、キングパワー・スタジアムから離陸したクラブ会長のウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が所有するヘリコプターがスタジアム駐車場に墜落し、炎上。
この事故で同会長を含む搭乗者5人全員が死亡。
会長以外の4名が日本のメディアでは見つからず、BBC報道より。
同乗者について最初期の報道では、会長の長女も同乗、となっていましたが、それは誤報。
スタッフ2名とパイロット、そのパートナーの4名。

Nusara Suknamai
Kaveporn Punpare
pilot Eric Swaffer and his partner Izabela Roza Lechowicz


スクリーンショット 2018-11-03 10.42.57


10月30日に予定されたカラバオカップは延期されるも、次節プレミアリーグ、11月3日アウェイ・カーディフ戦より試合を行うとクラブが発表。
 
有ってはならぬ、信じられない事故、悲劇。あまりの衝撃。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

会社の硬直化を象徴か タイ航空パイロットがスイスの空港で失態

今から10年、20年前ならタイ航空(TG)は世界レベルの質の高さ、人気を誇っていた「ブランド」でしたが…それに甘んじていると会社としても後退していくのは全世界共通?
パイロットの我儘要請に席を譲ったのはタイ経済界の要人だったようですが、心が広いですねえ。
 
負のニュースがじわじわと世界を駆け巡っています。TGの再起はあるのか?

タイ航空パイロットが騒動 満席ファーストに「座る権利」:日本経済新聞

業績低迷が続くタイ国際航空が身内の失態に揺れている。欧州からタイに向かう便で非番の自社パイロットがファーストクラスの乗客に席を譲らせていたことが発覚。国民やメディアから集中砲火を浴びている。

騒ぎが起きたのは11日のスイス・チューリヒ発バンコク行き。タイメディアによると、非番のパイロット2人が満席のファーストクラスに「座る権利がある」と固執したため出発が2時間遅れ、乗客がビジネスクラスに移って決着したという。

これが明るみに出るとパイロットへの批判が噴出。タイ航空のブランドは大きく傷付いた。9月に就任したスメート社長は席を譲った乗客に謝罪し、経緯を検証する第三者委員会の設置を表明。同じく新任のエクニティ会長も「『お客様は王様』という社内文化を構築したい」と述べた。

安全運行のため十分な休息が必要だとパイロット側を擁護する声も一部にはある。だがスメート社長は2人が帰国後すぐに仕事が入っていたわけではないことを理由に「今回の事例には当てはまらない」と退けた。