カテゴリーアーカイブ: タイのニュース・情報

バンコク大気汚染は総選挙先送り問題のスケープゴート?

連日タイのニュースのトップを飾るのはバンコクの深刻な大気汚染。
まるで上海や北京のような。(タイで大気汚染といえば乾季のチェンマイ煙害、風の流れない盆地で野焼きの風習が消えず、10数年前から問題視されてきましたが。取り締まりを強化しかなり改善されて来てると聞きます。)
 
バンコクの大気汚染の原因は「都心部で続く電車建設工事」とされているようです。「3年間我慢してくれれば工事は終わるから」と。そんなの我慢の理由にならない気がしますが。
タイ空軍は1月15日、16日と連日降雨剤を空から散布(実際雨も降ったようです)。
またカーボンフィルター入りの特別マスクを市民に9千枚配布
連日対策会議も開かれ「まだ学校休校までには及ばない」「ネットを活用した自宅勤務を推奨」など意見も出されているようです。政府はしっかり対策やってるぞ!と。

しかしふと考えれば、この大気汚染ニュースが無ければ「総選挙先送り」問題が一番取り上げられるべき問題。でも大本営発表?タイのテレビでは軍事政権を真正面から叩くことなどあり得なく。つまりは大気汚染問題をトップに扱っておけば、総選挙はさらりと報告するだけでも済む、、、日本大使館から連日メールで送られてくるデモへの注意喚起、もはやデモだらけで麻痺して何が何だかよく分からない。
「総選挙をさっさと開催しろ!明言しろ!」
それで、昨晩放送のタイの夜のニュースが言うのはですね、総選挙は5月9日だそうです。そんなの聞いてないよ!

総選挙先送り反対デモ、再び タイ軍政に反発広がる:朝日新聞デジタル
 

 タイの首都バンコクで13日、総選挙の先送りに反対するデモがあった。
 軍事政権が2月24日にも実施すると表明していた総選挙が3月以降にずれ込む可能性が高まってから、バンコクでのデモは3回目。デモは地方にも広がりつつある

 タイでは2014年5月のクーデター以降、軍政が4年半以上も続いている。 軍政は先月、民政移管に向けた総選挙を2月24日に実施する前提での行程表を各政党に示したが、その後に発表された国王の戴冠(たいかん)式の関連行事の日程と選挙後の政治日程が重なるとして、選管に事実上、日程の見直しを求めている

タイ南部に台風第1号(パブーク)が上陸か/プーケット、サムイ、タオ、パンガン各島にも注意呼びかけ

台風第1号(パブーク)の接近

1.台風第1号(パブーク)が、1月4日(金)の夜にタイ南部のナコンシータマラートに上陸すると予想されております。

2.最新の気象情報の入手に努め、適切な安全対策を講じてください。

 タイ気象局等によれば、台風第1号(パブーク)は、1月4日(金)の夜にタイ南部のナコンシータマラートに上陸し、タイ南東海岸部を中心に広範囲に集中豪雨をもたらす可能性があるとのことです。
 観光客に人気のプーケット島、サムイ島、タオ島、パンガン島等の島しょ部にも影響を及ぼすことが懸念されます。
 つきましては、今後の関連報道等により情報収集を心がけるとともに、台風の接近が予想される地域に滞在されている方は外出を控える、また、同地域への渡航・滞在を予定されている方は、必要に応じ、日程・経路・訪問先の変更等を検討されるなど、災害・事故の被害に遭わないよう十分ご注意ください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500、696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road、 Lumphini、 Pathum Wan、 Bangkok 10330
              (ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

インバウンドどこまでも。訪日タイ人、遂に年間100万人を突破

訪日タイ人旅行者、遂に年間100万人を突破

2018年11月に日本を訪れたタイからの旅行者は102,900人。これは過去最高で、1月~11月までの累計では1,003,800人となり、史上初めて年間での訪日タイ人旅行者が100万人を突破。年間では112万人程度に達する計算。

2012年に年間25万人を突破してから6年で4倍。2013年7月のビザ免除が景気とは言えまさに爆発的増加です。
個人的にも大阪に行った時など以前はタイ語が聞こえれば嬉しがって話しかけたりしましたが、もうそんなことも必要ないような(却って怪しまれる? 爆)


逆に日本人のタイ行きが伸び悩みが心配、、、でもないようで、日本からタイが160万人、インバウンド・アウトバウンドとも日泰関係は相変わらず活発、嬉しい限り。

資料/
訪日客年間3千万人達成。
2013年、1千万。
2016年、2千万。
2018年、 3千万。
2020年、4千万を目標。

訪日外国人観光客は6年連続で過去最高を更新、もう上しか見えない状態。突っ走るしかない日本。
 日本を訪れた2018年の外国人の数が12月18日、初めて3千万人を突破した
 アジアを中心とした旺盛な訪日需要に支えられ、5年で3倍に増えた。ただ、政府が掲げる20年に年間4千万人の目標を達成するには航空便の拡大や宿泊施設の整備など、多くの課題がある。
 訪日客数は18年の年間では3100万人超に上るとみられる。けん引役となっているのはアジア諸国で特に中国、韓国、台湾、香港の4カ国・地域で全体のおよそ7割
訪日客 初の3000万人突破 航空便や宿泊施設なお不足:日本経済新聞

ムエタイのチャリティー試合で13歳少年が死亡

11月10日、ムエタイのチャリティー試合に出場した13歳の選手が頭を連打されて倒れ、その後脳内出血で死亡というニュースが論争を巻き起こしています。
試合をプライベートで撮影したビデオも放送され、その事故の模様も生々しく。
もともと子どもの試合には疑問視する声が多く、政権はすぐ動き12歳未満の試合出場を禁止する法案を提出する意向とのことです。
これに対しボクシング組織は「あまりに性急過ぎる。ムエタイは貧しい人々にとって富と名声を得るための手段でもあり単なるスポーツでは…」という論調を展開しています。
タイのボクシング世界チャンピオンクラスは皆12歳前からリングに上がっているようです。タイのテレビでは13歳のムエタイ女子選手が試合にのぞみ家族の生活を支える、みたいな物語も紹介されていましたが。
せめてヘッドギアぐらいしても良い気がしますが、難しい事は分からないですね…。
皆さんはどう思われますか?

13歳のムエタイ選手、頭を連打され死亡 子どもの試合禁止求める声

続きを読む

タイ、医療用大麻合法化へと進む

医療用大麻の使用は、カナダや豪州、イスラエルなどの国々や、米国の半分以上の州で容認されている。
しかし、アジアではタイが実現すれば初めての国となる…

タイでは夜のトップニュース扱いでしたが、どうやらアジア、世界規模で注目されているようです。
何やらざわめき立つ人が多そうな事案で。あくまでも医療用大麻
そこのところをすっ飛ばすと、人生計算間違えますので。

タイ政府が医療用大麻の合法化に本格的に乗り出そうとしている。当局関係者が31日、AFPに明らかにした。タイの大麻は世界有数の質だと大麻容認派から称賛されており、政府は数十億ドル規模の市場への参入を目指す

タイ、医療用大麻の合法化へ前進 実現すればアジア初:時事ドットコム

続きを読む

会社の硬直化を象徴か タイ航空パイロットがスイスの空港で失態

今から10年、20年前ならタイ航空(TG)は世界レベルの質の高さ、人気を誇っていた「ブランド」でしたが…それに甘んじていると会社としても後退していくのは全世界共通?
パイロットの我儘要請に席を譲ったのはタイ経済界の要人だったようですが、心が広いですねえ。
 
負のニュースがじわじわと世界を駆け巡っています。TGの再起はあるのか?

タイ航空パイロットが騒動 満席ファーストに「座る権利」:日本経済新聞

業績低迷が続くタイ国際航空が身内の失態に揺れている。欧州からタイに向かう便で非番の自社パイロットがファーストクラスの乗客に席を譲らせていたことが発覚。国民やメディアから集中砲火を浴びている。

騒ぎが起きたのは11日のスイス・チューリヒ発バンコク行き。タイメディアによると、非番のパイロット2人が満席のファーストクラスに「座る権利がある」と固執したため出発が2時間遅れ、乗客がビジネスクラスに移って決着したという。

これが明るみに出るとパイロットへの批判が噴出。タイ航空のブランドは大きく傷付いた。9月に就任したスメート社長は席を譲った乗客に謝罪し、経緯を検証する第三者委員会の設置を表明。同じく新任のエクニティ会長も「『お客様は王様』という社内文化を構築したい」と述べた。

安全運行のため十分な休息が必要だとパイロット側を擁護する声も一部にはある。だがスメート社長は2人が帰国後すぐに仕事が入っていたわけではないことを理由に「今回の事例には当てはまらない」と退けた。

10月13日はラーマ9世記念日

10月13日はラーマ9世(プミポン前国王)記念日。
逝去されて丸2年、大きな混乱もなく新国王のもと、タイは続いています。
2018年10月13日は土曜日なので15日(月)が振替休日となるそうです。
改めて以下に。

<新しい祝日>
・7月28日 ワチラロンコン国王誕生日
・10月13日 ラーマ9世(プミポン前国王)崩御の日

<祝日では無くなった日>
・5月5日 プミポン前国王戴冠記念日

<祝日として継続>
・12月5日 ラーマ9世誕生日/父の日