カテゴリーアーカイブ: タイのニュース・情報

12/5から7/28へ 7月28日はラマ10世、タイ国王誕生日

ワチラロンコン国王の切手発行 7月28日はタイ国王生誕日

ワチラロンコン皇太子は故プミポン前国王とシリキット王妃の長男で、1952年7月28日生まれ。
英国、オーストラリアに留学し、大型機を含む航空機の操縦免許を持つ。

タイのワチラーロンコーン国王陛下の肖像が描かれた20バーツ・50バーツ・100バーツ紙幣は、既に2018年4月より流通開始、
7月28日のワチラーロンコーン国王陛下の66歳のお誕生日には、500バーツ・1000バーツ紙幣が新たに流通開始します。

奇跡の洞窟救出劇、13人の命を救ったのは”タイの信仰心”では?

もしかしたら2018年、タイ最大の話題はもうこれで決まり、とさえ言い切れるような世界的なニュースとなった、チェンライ洞窟、13人奇跡の救出劇。
その13人がお揃いのユニフォームに身を包み、7月18日に会見を行いました。
洞窟内に入るのは1時間のつもりだった、食料はなく9日間、水だけで過ごした…驚異的な精神力です。動き回らないで静かに救助を待った、それが自分にできるか?
この会見で見た光景は「同じことが日本で起こっていたら果たして助かっただろうか、これはタイだからこそ乗り越えられたのでは?」との思いでした。

 
少年たちが行方不明になった時、日本であれば真っ先に「自己責任論」が問われたのではないか、ということ。コーチも付き添って居たのに、、、なぜ。しかしタイでは大きな声にならなかった。タイ政府高官が「コーチが責任を感じて気に病まないようにしてほしい」との声明も出しています。
タイ国民全体がこれを「善行」の機会と捉えて、国全体が盛り上がりました。その機運は世界をも巻き込みました。これはタイ人の持つ「信仰心」が核となった。

メディテイション、瞑想も大きく寄与したと言います。個人的にもタイで会得したかったものです。信仰心、瞑想、、、信じる想い、大きなことを教えられた気がします。

チェンライについては多少の知識はあったつもりでしたが、この知らなかったタムルアン洞窟。間違いなく奇跡の洞窟として今後、観光化されるでしょうね、信仰の対象にもなりそうです。それもタイ、タイのそんなところも好きです。


データ:
少年らは6月23日、サッカーの練習後に洞窟へ入り、豪雨による増水で外に出られなくなった。
国際的な捜索態勢がとられ、7月2日に洞窟入り口から約5キロ入った場所で見つかった。8~10日にダイバーの誘導で順次脱出し、チェンライの病院に入院していた。

続きを読む